ピルとイライラと胃について

ピルが産婦人科や婦人科から処方されるケースというものがあります。

これは、なぜピルが産婦人科の先生や、婦人科の先生から処方がされるのか?というと、生理痛の痛み、酷い痛みをピルが治してくれるケース、効果などがあるからです。

生理痛は、まったく痛みを感じないという女性もいれば、幼少期から、生理になった時から、酷い痛みを感じ、毎月吐き気、胃の酷い痛み、腰の激痛、お腹の下痢、または便秘などに耐えて、生理を乗り越えている女性がたくさんいます。

これは、出産の痛みとも似ていると言われていますが、このような酷い生理痛の痛みを、月経困難症といいます。

多くの場合、産婦人科の先生や婦人科の先生に問診や検査などをおこなってもらい、この月経困難症であるという病気であるとわかるものですが、月経困難症には、上記のような酷い胃痛などの胃の痛みなどに加えて、イライラなどがとても多く症状として現れるものです。

イライラは、生理の時だけでなく、1週間前、生理が始まる前からやたらにむしゃくしゃする、普段は何事もなんでもないことすら、イライラして仕方ない!このような心理的状況になります。

これも、月経困難症の女性によくあてはまる症状であり、イライラが辛い、彼氏や旦那さん、友達と喧嘩してしまう、トラブルを起こしてしまう…このような悩みを抱えている人はとても多いです。

または、仕事で上司や後輩にイライラのあまり、つらくあたってしまい、自己嫌悪に陥る方などもおり、月経困難症はこれほどまでに、女性を悩ませている病気なのです。

ピルを処方され、それが体にあい、個人差はありますが、体にうまく適合すればこのようなイライラもなくなり、すっきりとした気持ちになれます。

ページの先頭へ戻る