ピルと吐き気と生ビールについて

ピルは、避妊のために処方される薬…という一面だけでなく、女性特有の生理、生理痛を治してくれるためにもある薬です。

ピルを使って、生理痛の痛み、月経困難症を治すことが出来るケースがあり、これは個人差があり、ピルが体にあえばそのまま、月経困難症は、今までの辛い痛み、腹痛や下痢、吐き気などが信じられないくらいによくなるケースもありますが、個人差があるため、合わない場合もあります。

ピルは、このように、月経困難症、生理ととても深い関わりのある女性の持つ苦しみを改善してくれるものですが、強い作用などがあり、間違って使用などをしてしまうと、とても体に危険が及ぶケースがたくさんあります。

そのため、処方を産婦人科、または、婦人科などで行われる際には、看護師さんやお医者さんから、とてもいろいろな注意事項を受けます。

また、他に飲んでいる薬、たとえば精神科などに通っている方でも、お医者さんが許可をすれば、ピルは処方されますが、生ビールなどのようなアルコールといっしょに飲んでしまうと、体に危険などがおよんでしまうことがあります。

その場合、吐き気などが出てしまうなどの他、めまいなどや、気持ちの悪さなどが出てしまうことがあるため、生ビールのようなアルコール類については、事前に、看護師さんや先生に、ピルと一緒に飲んでもいいものかどうか?をしっかりと確認しなければなりません。

特に、生ビールは、他の薬でも、飲み合わせによって、そのアルコールの強さから制限されているものであり、体が気持ち悪さや吐き気で、大変、苦しい思いをすることがよくある飲み物です。

そのため、生ビールを飲む際には、とても慎重に、また、飲んでいい状況かどうかを確認する必要性があります。

ページの先頭へ戻る