低用量ピルのダイアンは、黄体ホルモンに特徴がある

低用量ピルであるダイアンは、女性用の経口用避妊薬です。毎日服用することにより体内を偽妊娠の状態にし、排卵を防いで妊娠しないようにしてくれる薬です。ダイアンはもともとニキビのための治療薬として開発されたもので、配合されている黄体ホルモンに特徴があります。それは、抗男性化作用があるホルモンが配合されえていることです。アンドロゲンという男性ホルモンの分泌量が多いと、肌の脂分が多くなり、それによって毛穴がふさがれてしまうため抜け毛になったり、ニキビが発生したりします。ダイアンに配合されている黄体ホルモンであるサイプロトロン酢酸塩が、男性ホルモンの分泌量を抑える働きがあるため、副効果として美肌やニキビの改善にも効果があるのです。また、性同一性障害などで男性が女性化を進める際には女性ホルモンの注射を行ったり、服用を行ったりします。ダイアンに含まれている黄体ホルモンは高男性化作用があるホルモンとして強力なため、ピルという女性の避妊薬でありながら、性同一性障害の男性が服用しているケースも増えています。同じように、ダイアンは他にも多毛症やバストアップ、男性型脱毛症など、男性ホルモンの影響を受ける症状などの改善に男女問わず効果があると言われていて、男性の服用者も増えています。
ダイアン一相性のピルのため、偽薬以外はどの錠剤にも含まれている女性ホルモンの含有量が同じという特徴があります。そのため、シートのどれを服用しても効果は変わらないため、服用する錠剤を間違えると避妊効果が落ちると言われている二相性、三相性のものよりも服用しやすいという特徴があるので、避妊薬以外の症状の人にも服用しやすい低用量ピルとなっています。

ページの先頭へ戻る