ピルにはどんな種類がある?

ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
主な副作用の原因が卵胞ホルモンにあったため、含有量が50㎍以下の低用量ピルが開発され、経口避妊薬として広まりました。
低用量ピルは、黄体ホルモン剤の種類によって第一世代から第三世代に分類されます。
第一世代は、中用量ピルの卵胞ホルモンの量を減らしたもので、効果を維持するために黄体ホルモンの量を増やしています。
黄体ホルモン剤はルエチステロンを使用しています。
続いて、少ない量でも効果のある黄体ホルモン剤レボノルゲストレルが開発され、これが使われているのが第二世代です。
第二世代ではニキビなどアンドロゲン作用が見られたため、ホルモンを段階的に変化させて対応しています。
次に、アンドロゲン作用のない黄体ホルモン剤デソゲストレルやゲストデンが開発され、これらを使ったピルが第三世代として販売されています。
また、ホルモン量の変化によっても分類できます。
全ての実薬のホルモン量が一定なのが、1相性です。2相性、3相性は自然のホルモン変化に合わせて、それぞれ2段階、3段階に変化します。
2相性では、黄体ホルモンの量を後半に倍増させています。
3相性では、卵胞ホルモンは一定で黄体ホルモンを滑らかに変化させるタイプ、2相目に卵胞ホルモンを増やして、3相性目に黄体ホルモンを増やすタイプなどさまざまです。
卵胞ホルモンが50㎍の中用量ピルは、生理日の移動、PMSや月経困難症の治療のために、処方されます。
避妊が目的の場合には、通常は副作用の少ない低用量ピルを使用します。
アフターピルは性行為の後に服用して、妊娠を回避する薬です。
緊急避妊薬として、婦人科で処方してもらいます。

ピルが女性に与える恩恵

日本で一般的な避妊方法であるコンドームの場合には、パートナーの協力が必要なのに比べて、ピルは女性が自分の意思で避妊することができる女性主導型の避妊方法です。
さらに、コンドームは装着ミスや破損などによる失敗がありますが、ピルは、きちんと服用すれば、ほぼ確実に避妊効果を得ることができます。
女性が自分自身の生活設計をしていく上で、ピルが重要な役割を果たしてくれると言えるでしょう。
また、ピルは生理に関わる問題の解決にも役立ちます。ピルを服用することで、生理周期が安定し、また生理痛も改善します。
生理痛は、子宮内膜にあるプロスタグランジンという物質が子宮を収縮させるのが原因の一つで、この物質の分泌が過剰になると痛みが強くなります。
ピルには、子宮内膜を薄く保つ作用があるため、プロスタグランジンの量も少なくなって、生理痛が軽減します。
子宮内膜が薄くなると経血も少なくなるので、月経過多による貧血も改善します。
これらのことから、月経困難症の治療、子宮内膜症の予防や改善に使われることもあります。
また、生理日を移動させるために、一時的に使用することもできます。行事や旅行の予定が生理と重なった場合に、ピルで生理を早めたり、遅らせるなどの調整が可能です。
この他、ニキビや肌荒れが改善したり、長期間服用することで、卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らすこともわかっています。
このように、多くの恩恵があるピルですが、服用する場合に注意したいことがあります。
非常にまれなケースですが、血栓症が発症することがありますので、医療機関を受診して健康に問題がないか確認してもらってから処方してもらうこと、定期的に検診を受けて健康チェックをすることです。

ピルを服用してる事は男性に言わない方がいい

ピルを避妊目的や、月経痛、月経量を減少させるため、又は生理予定日をずらすためなど、様々な理由で服用されている方は多くいらっしゃいます。
ピルは予定外の妊娠、毎月のつらい月経痛の症状などから女性自身が、自ら体を守るためにとても有効な手段です。
医師の診断が必要で、費用もかかりますが、現在では、多くの女性が服用していらっしゃいます。
しかしながら、ピルは性感染症の予防をする事は出来ません。
ご主人など特定のパートナーがいらっしゃる場合は良いのですが、そうでない場合は、やはり性感染症の心配がありますので、ピルを服用していても、コンドームの使用が必要になります。
男性にピルを服用していると話してしまうと、妊娠の心配がないからと、コンドームの使用を拒否されてしまう恐れが大いにありますので、例え服用していても、そのことは言わない方が安心です。
性感染症の心配がある事を話しても、自覚症状のない性感染症もありますので、自分は大丈夫だと思い込んでしまっている方も多くいらっしゃいますので、やはり、最初からピルの服用についてはお話しされない事が結果的に、ご自身の体を守る事になります。
性感染症の心配以外にも男性がピルに関する知識があまりない場合、理解を得られず変な誤解や偏見の目でみられてしまい、女性の心を傷つけてしまう場合もあります。
また月経痛がひどく緩和させるために仕方なく服用されている方がつらい思いを抱えているにもかかわらず、男性側は避妊しなくても良いという事だけに喜び、女性をがっかりさせてしまうケースも考えられます。
やはり、女性の心も体も守るためには、男性にはピルの服用については話さない方が安心です。

ページの先頭へ戻る